お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Craigslistの広告で家が破壊--地元警察は刑事訴訟へ

2007/04/10 18:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国ワシントン州タコマで、地域情報コミュニティサイトCraigslistに貸家の広告が掲載された後、その家が破壊されるという事件が発生した。その広告には、問題の家から自由に物を持ち去ってよいことを意味する内容が書かれていたという。タコマ警察は米国時間4月9日、一部のマスコミ報道に反し、同事件について刑事訴訟を起こす可能性があることをCNET News.comのインタビューに答えて明らかにした。

 問題の家は、所有する女性が自分と姉妹関係にある住人に立ち退きを3月に命じたことから、広告掲載当時は空き家となっていた。所有者は元住人について、Craigslistに広告を掲載する知恵などなかったと述べている。一方、元住人も広告を掲載した点について否定している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社