お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SNSを活用した中古車の個人間オークションサイト「トロイカオークション」

2007/04/04 17:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロイカは4月3日、中古車の個人売買に特化したオークションサイト「トロイカオークション」を開始した。

 トロイカオークションは、オークション機能とソーシャルネットワーキングサービス(SNS)機能を併せ持った中古車の個人売買システム。ユーザー同士がSNS機能を通じてコミュニケーションをすることにより、オークションの相手が信頼できる出品者・落札者であるかを事前に判断することができる。

 出品者は、出品前に最寄のトロイカ提携先工場で内外装の状態、エンジン内部の点検をする必要がある。これにより、第三者による一定した査定基準での車両評価が公開され、自己申告の間違いによるトラブルを防ぐ。

 また、「整備手帳」という機能を利用して、出品者は洗車、オイル交換、点検、修理、改造、パーツ交換をしたときの走行距離、写真などを公開できる。車の履歴を残すことで、オークション出品時のアピール材料とする仕組みだ。オークションが成立した場合、整備手帳は落札者のページに移動し、落札者はこれを引き継ぐことが可能。

 このほか、整備工場、板金工場、保険代理店、カスタムショップなどの車関連の店舗を「最寄ショップ」としてユーザーページの地図上に表示し、ショップを簡単に検索できる機能を搭載している。

 5月上旬にオークション機能の提供を開始し、今夏にECショップを追加する予定。

 車体の売買はオークション、カーナビやタイヤなどの購入はECショップ、取り付け、整備、車検は整備、板金工場と、トロイカオークションで完結できるシステムを目指す。また、このシステムを不動産やバイクなど中古車以外のものに置き替え、企業に販売する事業展開も検討中だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社