お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フェンリル、新ポータル「pota」を公開、Google Apps使いカスタマイズ機能を実装

2007/04/02 14:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェンリルは4月2日、同社製ウェブブラウザ「Sleipnir(スレイプニル)」とその簡易版「Grani(グラニ)」のスタートページを統一、刷新し、カスタマイズ機能付きポータルサイト「pota(ポータ)」として公開した。

 potaは、Google Appsの1つ「Start Page」サービスを基盤に構築した。Google Personalized Homepageに似たインタフェースを持ち、Gmailのアカウントでログインを受け付ける。

 初期設定では、「パーソナル」「ニュース」「ビジネス」といった分野で複数の機能(ガジェット)を登録しており、任意のフィードの追加、削除に対応する。全体のデザイン、レイアウト、ガジェットの初期設定はフェンリルのユーザーインタフェースデザイナー、吉田ケンイチ氏らが手がけた。

 主にITエンジニアとデザイナーの利用を見込み、今後は「ブロードキャスト」分野のガジェットで順次、最新情報を配信していくという。

pota potaのスクリーンショット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社