お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

GMO-VPとpaperboy&co.、共同で「Second Lifeファンド」を立ち上げ

2007/02/05 23:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMO Venture Partners(GMO-VP)とpaperboy&co.はこのほど、仮想世界サービス「Second Life」内で活躍する起業家、エンジニア、クリエーターの支援活動を目的とした「Second Lifeファンド」プロジェクトを立ち上げると発表した。

 GMO-VPとpaperboy&co.は、Second Lifeに限らずオンライン仮想3D空間での活動が、次世代CGM(Consumer Generated Media)である「CGS(Consumer Generated Society)」として今後ますます広がりを見せると予測しており、この分野に着目している。Second Lifeファンドは、セカンドライフ内で急激に拡大すると予想される起業家、エンジニア、クリエーターの支援を目的にプロジェクトを展開するというもの。

 プロジェクトの第1弾として、セカンドライフ内の「ペパボ島」において「Second Lifeビジネス・デザインコンテスト」を2月14日から開催する。このコンテストは、Second Life内でのユニークなデザインやAPIを利用した作品などの制作物を募集する「クリエイティブ部門」、および独創的なビジネスプランを募集する「ビジネスプラン部門」の2部門で行われる。

 Second Lifeは、米Linden Labが2003年から提供している仮想世界サービス。米国を中心にユーザーが増加しており、1月末の時点で約300万のユーザーIDが登録されている。現実世界と同様に生活や購買を行うことができ、取引に使用される仮想通貨は現実世界でUSドルとの交換が可能だ。現在は英語版のみのサービスだが、日本語によるサービスがまもなく開始される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社