お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

角川HD、PtoPで映画「リング」などを配信へ--BitTorrentの技術を採用

2007/01/31 16:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川グループホールディングスは2月中旬より、PtoP技術を使った映画配信に乗り出す。同社傘下の角川ヘラルド映画が所有する映画作品を米BitTorrentに提供する。

 第1弾はホラー映画の「リング」シリーズや「着信アリ」など。課金はクレジットカードによる決済で、コンテンツにより1)視聴期間に制限のないダウンロード販売、2)視聴期間が限定されているビデオオンデマンド(VOD)方式、3)視聴回数が1回のみのVOD方式、4)広告付きの無料配信の4種類がある。収益はBitTorrentと角川グループホールディングスが分け合う。

 BitTorrentはPtoP技術「BitTorrent」を使って映像やソフトウェアなどを配信する企業。BitTorrentは自社サイトで専用ソフトを無償配布しており、Operaブラウザの最新版にも基本機能の1つとして搭載されている。

 PtoP技術を使って映像を配信することで、配信事業者にとってはサーバや通信回線に大きな負荷がかからないというメリットがある。米国ではWarner Bros. EntertainmentなどがBitTorrentに映画作品を提供しているが、日本の大手映画会社では角川グループホールディングスが初となる。

 BitTorrentに映画作品を提供する理由について、角川グループホールディングスでは「ブロードバンド環境が整い、今後はVODなどの映像配信市場が大きくなると考え、さまざまな方法を検討していた。米国の大手映画会社もBitTorrentで映画を配信しており、パートナーとして魅力的だと考えた」と話す。

 配信地域は北米のみ。BitTorrentはユーザーが登録したクレジットカード情報、接続PCのIPアドレス、PCの時計のタイムゾーンの3つを使って配信地域を限定しており、北米以外での視聴はできないようになるという。日本でのサービスは未定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社