お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2006年のPC向けP4P広告費は前年比154%で1000億円を突破--アウン発表

2007/01/09 20:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アウンコンサルティングは1月9日、P4P(検索連動型広告+コンテンツ連動型広告)に関する2006年の広告費を発表した。それによると、PC向けP4P広告費は前年比154%で1000億円を突破、モバイル向けP4P広告費も前年比418%の21億円と大幅に拡大した。

 2006年のPC向けP4P広告費は1047億円。このうち検索連動型は前年比148%の888億円と予測を上回った。これはテレビCMや新聞広告などと検索を組み合わせたクロスメディア手法の隆盛で、大手企業を中心に広告出稿が増加したことや自社内で運用を行うインハウスニーズが好調に拡大したことが影響したという。

 一方、コンテンツ連動型は前年比約2倍の159億円で予測を下回った。これは広告クリック単価が低廉に推移していることなどが影響したと見ている。ただ2006年は国内SNS最大手のmixiへの広告配信が開始されるなど各種媒体にとっての有効な収益源としての役割も強めており、配信先は順次拡大していることから、2007年以降のさらなる市場拡大が予測されるという。

 2007年のPC向けP4P広告費は45%増の1515億円と予測。2010年にはPC向け広告費の48%を占める2982億円に至ると推算している。

 またモバイル向けP4P広告費は2006年、主要キャリア各社が検索システムを軒並み導入したことによりシェアが拡大した。今後もさらにユーザー間におけるモバイル検索の浸透が促進することから、2010年にはモバイル向け広告市場の15%を占める189億円へと成長していくと予測している。

 市場規模は報道資料やレポートによる動向調査、業界関係者や広告主へのヒアリング調査、独自の調査などを収集、実際の出稿状況やクリック率などの各種指標の動向を加味して算出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社