お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ユーチューブ統合でグーグルが6位に上昇--ネットレイティングス調べ

2006/12/18 23:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは12月18日、2006年11月度のインターネット利用動向の調査結果を発表した。

 調査によれば、動画共有サイトYouTubeの企業買収、統合を完了したGoogleが、企業別集計(プロパティ別集計)において、前月から利用者数を279万人増加させ、ランキングを8位から6位に順位を上げていることが分かった。

 Googleは2006年に入って非検索系サービスを強化、じわじわと利用者数を伸ばし、ランクを上昇させていたが、YouTube買収により、その効果が一層明確になった形だ。

 また、YouTubeとならぶWeb 2.0の代表的なサイトであるウィキペディアの2006年11月の利用者数は1296万人で、前年同月(594万人)の2倍以上に急成長した。

 ネットレイティングス代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は「2006年のネットトレンドはWeb 2.0一色だった。インターネット利用動向データでもWeb 2.0を代表するGoogleやYouTube、ウィキペディアなどが大きく利用者数を伸ばした。一方、Yahoo! JAPAN、楽天市場などのメガサイトもさらに利用者数を伸ばしている。2006年はネットユーザーのニーズの多様性が認知され始めた年。2007年はロングテールに分布するネットユーザーのニーズに対応したメガサイトとWeb 2.0サイトの双方の隆盛が期待される」と分析している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社