お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ICANN、「.asia」をトップレベルドメインとして承認

2006/12/11 13:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)は米国時間12月6日、ブラジルのサンパウロで開催された年次総会で(DotAsia Organizationとの)「.ASIA Registry Agreement(.ASIAレジストリ契約)」を承認した。これにより、アジア太平洋地域の企業はもうすぐ「.asia」ドメインを登録することが可能になる。このトップレベルドメインは、DotAsia Organizationによって管理される予定。.asiaドメインは、日本の「.jp」や中国の「.cn」といった各国ドメインを補完する形で利用される。

 ICANNはカリフォルニアに本部を置く組織で、「.com」のようなgTLD(generic Top-Level Domain)へのトラフィックを誘導することをはじめ、インターネットの技術面を管理している。インターネットの進化の背景から、ICANNの最終的な監督権は米国商務省にあり、これが各国との争点となっている。ICANNの声明によると、DotAsia Organizationはアジア太平洋地域に本部を置く初のgTLDレジストリだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社