お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、MSN Musicの音楽ダウンロード販売を中止へ

2006/11/04 00:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET News.comが入手した情報によると、MicrosoftがMSN Musicでの音楽のダウンロード販売を中止する計画だという。Apple ComputerのiTunesに対抗するためにMicrosoftがMSN Musicをオープンしてから2年が経つ。

 同社は米国時間11月14日より、MSN Musicサイトへの訪問者をZune MarketplaceサイトかRealNetworksのRhapsodyサイトにリダイレクトする計画だ。

 MSN EntertainmentのゼネラルマネージャーRob Bennett氏はMSN Musicの顧客に宛てた電子メールで「11月14日以降、MSN Musicのアルバムやアーティストのページにあった『Buy(購入)』ボタンが、Zune MarketplaceサイトかRealNetworksのRhapsodyサイトにつながるリンクに変わります」と述べている。

 Microsoftは2004年9月にMSN Musicをオープンしたとき、ここで購入した楽曲を多くのWindows Media対応製品で再生可能であると喧伝し、Appleの対抗馬として自信を見せた。

 しかし、Windows Media Audioフォーマットの楽曲を販売するMSN Musicやそのほかのストアの努力は実らず、Appleの独占体制は揺るがなかった。

 MicrosoftはZuneの発売によって、音楽サービスとデバイスの両方をコントロールするというAppleと同じ戦略を採用し、Appleと同じ成功を手に入れようとしている。しかし、Zuneの発売計画は、Microsoftのコアテクノロジを使ってデバイスやサービスを開発してきた長年のパートナーから怒りを買っている。

 さらに、MicrosoftはZune Marketplaceサイトのほかに、RealNetworksのRhapsodyサイトも宣伝している。これは同社が2005年にRealNetworksと訴訟で和解した際、Realが展開する音楽サービスであるRhapsodyを、ほかの音楽サービスよりも積極的に売り込むことを約束したからだ。

 MicrosoftはMSN Musicサイトを改装する予定だ。改装後のサイトでは、コンサートをライブ配信したり、ミュージシャンへのインタビューを掲載したりする。またMSN Radioサービスを無料にする。

 Microsoftのサイトによると、すでにMSN Musicで購入済みの楽曲は引き続き、対応音楽プレイヤーに転送したり、CDに焼いたりすることができるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社