お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、「Internet Explorer 7」正式版を提供開始

2006/10/19 10:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Internet Explorer(IE)のアップデートをBill Gates氏が約束してから1年半以上を経て、「IE 7」の正式版がMicrosoftのウェブサイトからダウンロード可能になった

 機能面については、遅れをとっていた分野での改善が多く見られる。ウェブ標準やRSSフィード、そしてタブのサポートが追加されている。また、フィッシングサイト対策も備わった。

 調査会社OneStatが発表した最新の調査結果によると、Microsoftは、「Firefox」に奪われていた市場シェアを取り戻しつつあるという。IEのシェアは現在85.9%で、7月から2.8%増加している。一方、Firefoxのシェアは11.5%で、7月からは1.4%減少している。Mozilla Foundationでは、新ブラウザFirefox 2の「製品候補版」をリリースしているが、正式版の発表を間近に控えている。

 MicrosoftではIE 7をFirefoxユーザーにも勧めているが、インストールによりデフォルトのブラウザがIEに変更されることはないと約束している。「毎日使わないとしても、インストールして損はない」とMicrosoftでIEの製品マネージメントを担当するGary Schare氏は述べる。

 Yahooは米国時間10月18日、同社バージョンのIE 7を公開していた。同バージョンでは、Yahooがデフォルトの検索エンジンとして採用され、Yahooをホームページとし、Yahooツールバーが装備されている。

投入スケジュール

 IE 7のベータテスト参加者らには、今週から自動アップデート経由で正式版が提供される。IE 6ユーザーには11月からIE 7を自動アップデート経由で提供する予定だが、それをインストールするかどうかは各自の判断だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社