お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

auの携帯電話でもJavaの“勝手アプリ”が利用可能に--KDDI

2006/10/11 19:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは10月10日、au携帯電話においてJavaで作成されたオープンアプリの再生機能を、2007年春より導入すると発表した。

 搭載を予定しているのは、Javaアプリケーション再生機能である「オープンアプリプレイヤー」対応機種。

 au携帯電話ユーザーは、すでにBREWアプリケーションを利用できるが、今後、BREWのプラットフォーム上において、Javaで作成されたゲームなどのオープンアプリも利用可能になるとしている。

 BREW(Binary Runtime Environment for Wireless)とは、Qualcommが、cdmaOne携帯電話機用に開発したアプリケーションプラットフォームのこと。共通APIを装備したアプリケーションプラットフォームをcdmaOne端末上に搭載し、APIを開発者に公開することでBREWアプリを自由に開発することが可能となり、BREWアプリ対応端末なら同一のプログラムを動かすことが可能となる。

 KDDIは、Javaアプリケーション開発者の利便性向上のため、事実上の世界標準である「MIDP(Mobile Information Device Profile)2.0」に準拠したアプリケーションの作成ガイドを、auサイト内のEZfactoryにて公開する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社