お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スカパー、ハイビジョン放送開始を検討、08年夏に約10チャンネルで

2006/10/02 11:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー、仁藤雅夫社長)は9月28日、同社のCS放送サービス「スカイパーフェクTV!(124/128サービス)」で、08年夏からハイビジョン放送を開始すると発表した。具体的なチャンネル内容や料金体制などは未定。

 ハイビジョン化にあたり、世界的に普及の見込まれる新しい伝送方式「DVB-S.2」とMPEG-4をベースにした次世代の動画圧縮方式「H.264/MPEG−4 AVC」を採用。従来の方式よりも、大幅に少ない伝送帯域でハイビジョン放送ができるという。

 スカパーでは08年夏をめどにJSAT(磯崎澄社長)が所有する通信衛星JCSAT−4A(東経124度)を利用して、約10チャンネルのHD放送を開始。09年秋には20チャンネル追加し、合計で約30チャンネルのハイビジョン放送の提供体制を目指す。

 このほか、ハイビジョンに対応した新型の受信機を開発し、その供給体制についての具体的な検討も開始する。受信機は、JSATと協同した衛星を使った地上デジタル放送の同時再送信を視野に入れ、地上デジタル放送に対応したチューナーになる予定。なお、具体的なHDチャンネルや新HDベーシックパック、料金体制などは未定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社