お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフトとBBC、次世代デジタル放送で提携

2006/09/29 15:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BBCが、次世代デジタル放送技術をMicrosoftと共同開発することで合意したことが明らかになった。

 Microsoftは今回の合意により、英国の国営放送局であるBBCが今後行うインターネットベースのデジタルコンテンツ配信で、重要な役目を担う可能性がある。

 BBC会長のMark Thomson氏、BBCのニューメディア部門および技術部門担当ディレクターAshley Highfield氏、Microsoft会長のBill Gates氏が米国時間9月27日、シアトルに集まり覚え書きに署名した。

 覚え書きでは、BBCが将来デジタルサービスを導入する際に、Microsoftの技術を購入してその基礎とすることは約束されていない。BBCの関係者は、そうしたことが「十分起こりうる」と述べているものの、BBCは他社を差し置いてMicrosoftを優遇するわけではないと強調した。

 BBCは、過去の番組をオンラインで視聴できるようにする計画をはじめ、複数のデジタル放送プロジェクトを進めている。

 Highfield氏は、BBCコンテンツの配信経路の候補として、Microsoftの「MSN」サービス、「Windows Media Center」プラットフォーム、「Windows Live Messenger」アプリケーション、「Xbox」ゲーム機などを挙げた。

 もっとも、BBCのコンテンツがMicrosoft製品のみを経由して配信されることになれば、社会の厳しい批判にさらされ、規制の対象にすらなる恐れもある。BBC側は、そうした事態を招くつもりはないと述べている。

 「この覚え書きは、Microsoftとの排他的な合意ではない。われわれは、Real NetworksやIBM、(3Dデジタル世界「Second Life」を提供している)Linden Labsとも本件について検討しているし、AppleやGoogleのような(話題の)企業との話し合いもしていきたいと考えている」(BBC関係者)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社