お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

AOL、企業向けIMサービス「AIM Pro Business Edition」を開始へ

2006/09/19 19:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AOLとオンライン会議企業WebExは、安全性の低いコンシューマ向けインスタントメッセージ(IM)サービスを使用する企業は今後減っていくだろうと述べている。

 AOLが米国時間9月14日に開始した「AIM Pro Business Edition(AIM PBE)」は、従来のコンシューマ向けIMよりも高い安全性や管理機能を必要とする企業ユーザーを対象としたIMサービスだ。

 企業向けIMサービスは既に存在する。しかし、AOLおよびWebExによると、AIM PBEは、他のサービスとは異なり、専用のローカルサーバを必要とせず、オンラインでホスティングができるという。そのため、より柔軟な管理や設置が可能となっている。

 WebExでメッセージングソリューションズ担当のバイスプレジデントを務めるDavid Knight氏は、「企業は複雑なIMサーバの購入や保守を敬遠する。企業向けIM(Enterprise-grade IM:EIM)ソフトウェアが普及しないのはそのためだ」と述べた。

 調査会社Radicati Groupによると、IMはコンシューマ向けアプリケーションとして開発されたが、現在では1億3500万人が業務でIMを使用しており、その内の約7000万人がAOLの「AIM」を使用しているという。

 AOLとWebExによると、AIM PBEは、両社が先ごろ共同開発した「AIM Pro」よりもさらに企業を意識したサービスになっているという。

 2006年6月に開始したAIM Proは、SSL暗号方式を取り入れ、「Microsoft Outlook」と統合が可能だ。AIM Proは無償で提供されている。

 AIM PBEを開始することによって、企業規制に準拠したアーカイブ要件など大企業が必要とする安全性や管理機能に見合ったIMサービスを提供できる、とAOLとWebExは主張している。

 追加機能は有料となっている。AIM PBEの1ユーザーあたりのライセンス料は5ドルから。利用者数が増えるほど割引されるとKnight氏は述べる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社