お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタルガレージ、新会社「CGMマーケティング」を電通、CCI、ADKと共同で設立

2006/07/03 21:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージは7月3日、電通サイバー・コミュニケーションズ(CCI)アサツーディ・ケイ(ADK)と共同で、新会社「CGMマーケティング」を8月4日に設立すると発表した。  CGMマーケティングでは、インターネット上で一般消費者が情報発信するブログやSNSなどのメディア(Consumer Generated Media:CGM)を分析および活用することにより、新たなマーケティング手法、施策の開発をすすめる。代表取締役社長にはデジタルガレージ代表取締役グループCEO林郁氏が就任する。資本金は2億円、出資比率は、デジタルガレージが51%、電通が17%、CCIが17%、ADKが15%となっている。

 新会社は、CGMに関連する技術やノウハウを有するDGと、広告およびマーケティング事業の有力企業である電通およびADK、そしてインターネット広告代理店としてネットメディアに関するノウハウを有するCCIのリソースを融合することで、新しい商品やサービスの開発をはじめ、CGMサイトおよび関連企業や関連技術への投資と育成を行う。

 具体的には、デジタルガレージの子会社でブログ検索サービスを提供するテクノラティジャパンの検索技術を活用した、CGM広告配信ネットワークの構築や、デジタルガレージのグループ企業である価格比較サイト「価格.com」、旅行の口コミサイト「4travel.jp」、食べ物に関する口コミサイト「食べログ.com」をはじめ、すでにデジタルガレージと事業提携しているシックス・アパートやグループ外のCGM運営企業とも連携し、新しいインターネットマーケティングの提案をしていくとしている。

 さらに新会社は、デジタルガレージ、電通、ADKの各グループのグローバルネットワークを最大限に活用して、日本で実証した新商品や新サービスを、米国や中国をはじめとした海外市場で積極的に展開するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社