お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「主なニュース源としてインターネットを利用」が増加--米調査

2006/03/24 15:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードバンドユーザーが急増する中、インターネットを主なニュース源として利用する人が増えていることが、ある調査で明らかになった。

 Pew Internet & American Life Projectが米国時間3月22日に発表した調査によると、2005年にインターネットを主なニュース源として利用した米国人は1日平均で5000万人を超え、2002年の2700万人を大きく上回ったという。実際、インターネットの活用方法のなかで、その日のニュースを確認するというのが3番目に多かったことも同調査で判明した。

 このような結果が得られた理由として、ブロードバンド回線の普及と家庭用ブロードバンド契約者数の増加にあると、Pewは説明する。同グループによると、2002年以来、家庭用ブロードバンドの契約者数は2000万人から7000万人に増えたという。

 ダイヤルアップ接続回線ユーザーの65%とブロードバンドユーザーの57%は今でもローカルテレビやネットワークテレビを日々のニュース源として使っていたが、もはやテレビが唯一の情報源ということではなくなっている。

 Pewによると、ブロードバンドユーザーの46%はインターネットを主なニュース源とし、一方でダイヤルアップ接続回線ユーザーの26%だけがインターネットを主なニュース源としていたという。同社はさらに、世代によるばらつきの影響を避けるため、同年齢層のグループでもブロードバンドユーザーとダイヤルアップ接続回線ユーザーを比較したが、似たような結果となった。

 また今回の調査では、インターネットのヘビーユーザーで早くからブロードバンドを使い始めた「精力的なブロードバンドユーザー」が、米国には2900万人いることも分かった。そのうち71%ものユーザーがインターネットを主なニュース源としていた。

 新技術を早くから採用するユーザーは、一般的ユーザーの将来的な動向を占うための良い指針となるため、この結果は重要な意味を持つ。

 Pewの調査は2005年11月29日から12月31日にかけて、成人の米国人3011人を対象に実施された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社