お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「ぱど」の地域情報が携帯電話の音声入力で検索可能に

2006/03/01 21:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドバンスト・メディアの子会社であるボイスドメインサービス(VDS)と、地域密着型無料情報誌を展開するぱどは、携帯電話を使った声によるエリア情報検索サービスにおいて業務提携すると発表した。

 3月1日より、VDSが携帯電話上で展開するボイスドメインサービス上で、エリア単位の声によるナビゲーションサービス(ボイスドメイン「声なび」サービス)を開始する。

 ボイスドメインサービスとは、利用者が携帯電話に向かって目的のサイトを示すボイスドメイン(企業名や商品・サービス名)を発話すると、音声認識技術によって発話内容がテキスト化され、目的のサイトへジャンプするためのURLリンクを表示するサービス。

 ボイスドメイン「声なび」サービスでは、エンドユーザーが、ぱどの展開する携帯電話によるナビゲーションサービスを、従来のような文字入力ではなく、声を使って利用できるようになる。例えば「“池袋”の“焼鳥屋”」と携帯電話に話すことで、目的の情報を引き出せる。

 ぱどのナビゲーションサービスには、首都圏、関西地区エリアを中心に、235カテゴリー2000店舗が登録されており、3月1日より、全エリアにおいて、ボイスドメイン「声ナビ」サービスが利用できる。なお、9月30日までは試行サービスとなっており、この期間中は、登録されている広告主に対して料金は発生しない。ボイスドメイン「声なび」サービスが利用できるのは、ぱどの提供する「ぱどMO」「ぱどタウンサーチ」サービスに登録されている店舗に限られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社