お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

自分のドメイン名が使える「Gmail」--グーグル、新サービスを開始

2006/02/14 09:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、「gmail.com」の代わりにユーザーのドメイン名を使える電子メールのホスティングサービスを開始した。

 このサービスは、Microsoftが2005年11月に立ち上げた同様のベータサービスと直接競合するもの。現在ベータ版となっているこのサービスでは、最大2Gバイトのストレージ、電子メール検索ツール、そしてユーザーアカウント、エイリアス、メーリングリストを管理するコントロールパネルが提供される。

 Googleのブログによると、このベータサービスは企業や組織、教育機関向けで、サンノゼ・シティーカレッジなどの学校では、すでにこのサービスを試験導入しているという。同校では、学生にjaguars.sjcc.eduドメインの電子メールアカウントを与えている。

 このベータサービスは、Microsoftが11月に同様のサービスを立ち上げたのを受けて投入された。Microsoftが11月に公開した「Windows Live Custom Domains」のベータサービスでは、電子メールとインスタントメッセージのホスティングサービスが提供されている。

 ただし、Windows Live Custom Domainsサービスのほうは消費者向けで、既存のドメイン名をもつ電子メールアカウントを最大20個まで設定でき、また利用できるストレージ容量も1アドレスあたり250Mバイトとなっている。また、このサービスではウイルススキャンやスパムフィルタリングといったセキュリティ機能も提供されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社