お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

WIDEプロジェクトとJPRS、M-RootDNSサーバを共同運用し安定性に寄与

2005/12/20 19:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WIDEプロジェクトと日本レジストリサービス(JPRS)は12月20日、M-RootDNSサーバの共同運用により安定性に寄与する体制を強化すると発表した。

 M-RootDNSサーバを共同で運用することで更なる安定性と発展を実現し、国際的なインターネットの安定に寄与することを目的としている。WIDEプロジェクトでは大規模・広域な分散型コンピューティング環境の構築を、JPRSではJPドメイン名の登録管理およびDNSの全体管理と運用をしており、両者が保有する安定運用技術の組み合わせによりM-Root DNSサーバの安全性・安定性向上を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社