お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MTV、音楽サービスを開始へ--パートナーはマイクロソフト

2005/12/14 22:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MTVは米国時間13日、数年前から立ち上げを約束していたデジタル音楽サービスを間もなく開始することを明らかにした。これによりMTVは、iTunesやNapsterといったサービスと競合することになる。

 MTVは、新サービス「Urge」の詳細について多くは明かさなかったが、サービスの構築についてはMicrosoftと協力していると述べた。Urgeは、リスナーに音楽サービスだけでなく、MTV系列のケーブルチャンネルが独自に制作したコンテンツも提供するという。

 「MTV Networksが制作するコンテンツ同様、Urgeで提供されるすべての要素は、リスナーのことを念頭に置いて開発されている」とMTV NetworksのチーフデジタルオフィサーJason Hirschhornは声明で述べた。「楽曲販売サービスを単純に提供するのではなく、Urgeは、新しい音楽をファンが実験/カスタマイズ/発見/ダウンロードできるような、音楽を楽しめる環境を提供する」(Hirschhorn)

 MTVが音楽ビジネスへ参入することで、Apple ComputerのiTunesが長年支配してきた業界の勢力関係が変わる可能性がある。この市場では、Microsoftと同盟関係にある多くの企業が遅れをとっている。

 MTVがデジタル音楽市場への参入を最初に表明したのは、AppleがWindows版のiTunesを初めてリリースした直後の2003年後半であった。

 それ以来、Appleはデジタルダウンロードビジネスにおいて70%以上のシェアを常に維持してきた。最近、同社は、MTVが得意とする音楽ビデオやテレビ番組などのコンテンツをiTunes Music Storeに追加している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社