お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グリー、フォト機能にGoogle Maps API導入で世界写真集を作成

2005/12/02 21:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは12月2日、同社が運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」における写真共有サービス「GREEフォト」の機能強化を発表した。GREEフォトは、5月にサービスを開始したもので、11月30日現在の写真投稿総数は93万枚を超えている。

 機能強化のひとつに「GREEマップ」がある。これは、ユーザーに世界各地の写真の投稿を呼びかけ、ユーザー参加型の世界写真集を作成するというもの。すでにGREEフォトには世界各地の写真が投稿されており、投稿の際にユーザーが「東京」「ハワイ」「パリ」といった「フォトタグ」(写真の属性)を自由に登録している。GREEマップではこうした共通性のあるタグを一括して検索、閲覧できる。

 GREEマップでは、こうしたフォトタグとグーグルの提供する「Google Maps API」を利用し、GREEフォト上でユーザー参加型の世界写真集を作成する。

 また、「GREEフォトミキサー」も公開した。これは、GREEフォトに投稿した写真を整理・編集するための機能で、Flashを利用して写真の移動や並べ替えなどができるものだ。

 ほかにもグリーは、9月にアルファ版としてリリースした写真のアップロードツール「GREE UPLOADER」の正式版をリリースした。正式版では、写真の回転・自動縮小機能や、写真の一括タグ付け機能、GREE UPLOADERからのアルバム作成機能などが追加されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社