お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

次期Firefoxのベータ版が公開に--自動アップデートなどの新機能を搭載

2005/11/04 10:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期Firefoxのベータ版が公開された。次期バージョンには、パッチの自動アップデート機能が搭載されたほか、ブラウザナビゲーションを高速化するための改良が加えられている。

 「Firefox 1.5 Release Candidate 1」は、まもなく登場する次期バージョンのプレビュー版だ。次期バージョンの正式版は、これまでに何度か公開が延期されてきたが、2005年末までにはリリースされる予定だ。

 Mozilla FoundationのFirefox Projectウェブサイトには「今回のベータ版は、あくまでもテストのために公開されたものである。そのため、エンドユーザーサポートは一切提供されない。(サポートが提供されないことに)不安を感じる人には、Firefox 1.0の最新版を使用することを勧める」と書かれている。Mozilla Foundationは同オープンソースブラウザの開発を支援する団体だ。

 Firefox 1.5 Release Candidate 1は、ナビゲーションが変更されたほか、Mac OS Xのサポート範囲が拡大されたり、パッチの自動アップデート機能が追加されたりするなど、複数の新機能が加えられている。さらに、1つ前のページに戻ったり、1つ先のページを参照したりするためのボタンも改善され、ナビゲーションが高速化している。

 セキュリティ機能に関しては、ポップアップブロック機能が強化されたほか、キーボードショートカットやメニューバーを利用して個人データを素早く削除することも可能になった。

 また同ベータ版では、バージョン10.2以降のMac OS Xに対するサポートも改善され、SafariやMac版Internet Explorer(IE)から設定内容を移行することが可能になった。

 Firefoxは急速な勢いユーザー数を伸ばし、MicrosoftのIEを脅かす存在になりつつある。同オープンソースブラウザは、登場から1年を待たずに1億回のダウンロードを達成している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社