お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

携帯電話の通話状況を地図上にマッピング--MIT研究者が実験

2005/09/16 17:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らが、携帯電話のデータを利用した、「Mobil Landscapes」というプロジェクトを実施した。このプロジェクトでは、オーストリアのグラーツという街で収集した匿名の通話データを、コンピュータを使ってその街の地図上に重ね合わせることで、どの場所でどれだけの人が通話中かを視覚的に把握できるようなCGをつくり出している。この画像からは、通話量の多寡や、発信者と着信者の位置情報、通話中の携帯ユーザーの居場所などのデータが読みとれるようになっている。

 この動的な地図は、Kunsthaus Grazで10月1日から行われる「M-City Exhibition」で展示される。

(提供:Senseable City Laboratory, MIT)


この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社