お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

有料音楽配信サービス各社が一斉に値下げ--iTMSの影響強し

2005/08/04 21:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルコンピュータによる日本国内での「iTunes Music Store」(iTMS)の開始が発表された8月4日、有料音楽配信サービス各社が相次いで楽曲の値下げを発表した。

 これまで日本での有料音楽配信サービスでは、通常1曲につき200円以上となっていたが、4日に発表されたiTMSは、「提供する楽曲数100万曲のうち、90%の楽曲が1曲150円、残り10%が200円」(米Apple Computer CEO、スティーブ・ジョブズ氏)という低価格での楽曲提供を実現した。今回の各社の値下げは、一部レコード会社が料金改定の方針を打ち出したためだが、これはiTMSの影響が大きいと言える。

 同日に値下げを発表した音楽配信サービスは、オリコンの「ORICON STYLE」や、USENの「OnGen」、リッスンジャパンの「Listen Music Store」、レーベルゲートの「Mora」など。各社共に、一部楽曲において、これまで210円〜270円程度となっていたシングルの価格を150円〜200円程度に値下げしており、iTMSと同価格で楽曲を提供することになる。

 オリコンでは、「iTMSの開始を機に、音楽配信への社会的関心が一層高まり、文化的に幅広く普及することは、オリコンが音楽配信事業を推進するにあたって望ましい外部環境の変化だ。特に、アーティストの音楽配信への志向性が高まることなどによって、レコード会社やプロダクションと配信に関する著作権関連の交渉が前進し、ORICON STYLEでの配信可能楽曲が大幅に増加することが期待される」とのコメントを発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社