お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、大学などに向け日本語版検索サービスを拡充

2005/06/22 17:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは6月22日、日本語版の検索サービスを拡充したと発表した。大学のサイト内にある情報を簡単に探し出せる「Googleユニバーシティ検索」と、NPOや大学などのサイトにGoogleの検索サービスを無料で設定できる「Googleパブリック検索」の2つだ。

 Googleユニバーシティ検索は、特定の学校のサイトの中から情報を検索できるサービスだ。グーグルでは日本国内にある主要な大学のサイトをリストアップし、ユーザーが特定の学校を探しやすいようにした。

 Googleパブリック検索は、NPOや大学などの機関がそれぞれのサイトにGoogleの検索サービスを無料で設定できるようにするもの。サイト内の情報を探せる「サイト内検索」と、サイト上からそのまま通常のウェブ検索ができる「ウェブ検索」の2つが利用できる。サイト運営者がデザインをカスタマイズでき、ウェブ上で利用状況のレポートを見ることも可能だ。

 これまでもグーグルはユーザーが自分のサイトにGoogleの検索ボックスを設置できる「Googleフリー検索」を提供していた。しかしこの場合、検索結果ページにはテキスト広告が表示された。Googleパブリック検索では、検索結果に広告が表示されなくなる。

Googleユニバーシティ検索
Googleパブリック検索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社