お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

全米映画協会、テレビ番組の違法交換サイトを提訴

2005/05/16 20:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインファイル交換サイトの撲滅を目指し、戦いを続ける全米映画協会(MPAA)は米国時間12日、テレビ番組の違法コピーファイルを交換するための6つのハブに対する訴訟を提起したと発表した。

 MPAAによると、オンライン上におけるテレビ番組の著作権侵害行為は急速に増加しているという。また同団体は、テレビ番組も高い予算をかけて制作する映画と同様に重要であり、保護の必要があると訴えた。MPAAがこれほどテレビコンテンツに重点を置いた訴訟を起こすのは今回が初めてだ。

 MPAAのCEOであるDan Glickmanは、「全ての連続テレビ番組は、コメディやドラマの制作に必要な巨額の資金を回収するためにシンジケーションや海外への販売に依存しているのが現状だ」と述べた上で、「コンテンツが盗まれれば、それらの市場は甚大な損害を被る」と付け加えた。

 MPAAはBitTorrent技術に重点を置いた訴訟を提起し続けている。BitTorrentはこれまで、インターネット上で映画やテレビ番組を交換する手段として広く利用されてきた。

 これらの訴訟では、コンテンツのアップロード/ダウンロードを行っている個人ユーザーではなく、BitTorrentを使ったファイル交換のトラフィックの案内役を担っているサイトに重点が置かれている。MPAAは個人も提訴してきたが、これまで提訴した人数は明らかにしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社