お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

iTunes 4.8のリリースは、アップルによるビデオ分野進出の布石か

2005/05/11 11:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン音楽販売分野で圧倒的な優位を誇るiTunes Music Store(iTMS)が、マルチメディアダウンロードサイトへと変貌を遂げつつあるようだ。

 Apple Computerが今週リリースしたiTunesの最新版からは、iTMSで今後ビデオも扱う可能性が見て取れる。

 iTunesの新バージョンには、iTMS用の新機能が搭載され、またQuickTimeのサポートがアップデートされているが、このことから新バージョンについて、Appleが従来から扱っている音楽とともに、ミュージックビデオや長編映画をダウンロード販売するための布石だとする憶測が出回っている。

 Appleはアップデートされたこれらの機能をすでに利用し、シングル版購入者向けのサービスとして若干ながらビデオをダウンロード販売している。また、Gorillazのアルバムを購入した米国のユーザーは、4本の短編ビデオクリップをオマケにもらえる。

 このほか、iTunesではMorcheebaやThe Shinsといったアーチストのビデオも提供している。大半のビデオはオマケとして無料で配布されている。

 また、論争を呼んでいるAppleの音楽ダウンロードに対する姿勢とは異なり、これらのビデオはすべてデジタル著作権管理(DRM)技術によるコピープロテクトがかけられていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社