お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インテルの「ムーアの法則」初出雑誌探しが終了--1万ドルは英国人収集魔の懐に

2005/04/25 20:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1965年に発行された雑誌「Electronics Magazine」を必死に探していたIntelが、ついに持ち主を探し出し、報奨金を授与した。この雑誌には、同社の共同創業者Gordon Mooreがシリコン技術の進化に関する見解を述べた論文が掲載されていた。

 誰もが欲しがるその雑誌を所有していたのは、英国サリー州在住のエンジニア、David Clarkだ。Clarkはその雑誌をIntelに売却し、1万ドルの報奨金を手にした。

 Intelは米国時間4月11日に、eBayのサイト上にこの報奨金に関する告示を載せていた。

 Intelの広報担当、Manny Veraは、「正直に言って(この報奨金に関する告示の掲載後)すぐに反応があるとは思わなかった。以前もその雑誌を探したことがあったが、その時には発見できなかったからだ」と述べ、さらに「その雑誌は、大半の人が読んだ後に捨ててしまう、いわゆる業界誌だった」と付け加えた。

 しかし、Clarkのような明らかに収集魔と思われる人々も存在する。Clarkは、家の床下にその古雑誌を何十年間も保存していたという。

 Veraによると、「Clarkの妻は長年、彼に貯めこんだ雑誌を処分するよう言い続けたが、彼はそれらの雑誌がいつか大金を生むと言い続けた」という。そして1冊は明らかにその通りになった。

 Veraによると、その雑誌の現物を所有しているとして連絡してきた人は、Clarkを含めて12人いたという。また、それ以外の何人かがIntelに雑誌のコピーを売りつけようとしてきたが、そのなかには本物と主張する雑誌の写真を提示できなかった者もいた、とVeraは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社