お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windows CE対応版「Minimo」の最初のビルドが公開に

2005/02/24 15:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationによると、モバイル端末向けのMozillaブラウザ「Minimo」はLinux搭載のPDAだけでなく、Windows CE端末でも利用できるようになる予定だという。

 Minimoの現行バージョンはLinuxベースのPDAでしか動作しないが、今夏発表予定のバージョンは、MicrosoftのWindows CEオペレーティングシステムにも対応する。

 Minimoの開発を指揮するDoug Turnerは先週、Windows CEをベースとしたPDA向けプラットフォーム「Pocket PC 2003」に対応したMinimoの最初のビルドをウェブサイトで公開した。

 「一般ユーザー向けの最初のバージョンは、約4カ月後にリリースされる予定だ。また3月末からナイトリービルドを用意したいと思っている」(Turner)

 Turnerによると、このプロジェクトの基本的な作業はすでに終了しているという。しかし、ユーザーインターフェースの改善に取り組む必要があるため、追加の開発者を募集していると、TurnerはMozillaZineニュースサイトで述べている。

 「ここで公開したビルドを使ってみれば、Windowsとの統合が不十分であることが分かると思う。また、アプリケーション用のユーザーインタフェースにもまだまだ手を加える必要がある。このビルドを使ってみた人は是非ともわれわれにフィードバックを寄せて欲しい。またコーディングスキルのある人には、開発に参加してもらいたい」とTurnerは述べた。

 Turnerは、オープンソース開発コミュニティから多大な支援を受けられると確信している。「Windows CEプラットホーム上で動作する素晴らしいブラウザを開発する作業を手伝いたい、との申し出を優秀な開発者たちからたくさん受けた。このような手応えがあることから、このプロジェクトは成功するだろうと考えている」(Turner)

 MinimoはFirefoxほど有名ではないが、複数のデバイスメーカーがすでに同ブラウザに興味を示している。そのなかには携帯電話メーカー2社も含まれる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社