お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エイベックス、CCCD弾力運用へ

2004/09/17 17:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイベックスは、コピーコントロール機能の有無を商品に応じて弾力的に決定していくと発表した。この内容は、2004年9月22日に発売されるCDから適用される。

 同社は、2002年3月から複製防止機能を備えた「コピーコントロールCD(CCCD)」を発売してきた。これは、パソコンでの私的範疇を超える複製、PtoPを利用した違法なファイル交換などのカジュアルコピーを防ぐことを目的としたものだ。しかし、ユーザーの一部では、この機能により楽曲をポータブルオーディオで利用できないという不満の声も多かった。

 今回の弾力化に踏み切った理由としては、一般ユーザーの著作権に対する認知度の向上、ファイル交換ソフト利用者の減少など、本来の目的がある程度達成されたことが挙げられる。また、iPodをはじめとしたHDDミュージックプレイヤーの普及、9月より積極的に採用される次世代の音楽パッケージ規格「スーパーオーディオCD」や「DVDオーディオ」の存在も大きいようだ。

 同社では今後も、著作権侵害及びこれに類する行為には、法的手段を含め断固とした対応を行っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社