お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

コーエーがYahoo! BBに「真・三國無双」のオンライン版を独占提供へ

2004/09/13 19:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コーエー、ソフトバンクBB、ビー・ビー・サーブの3社は9月13日、オンラインゲームの開発販売に関して業務提携したと発表した。企画開発はコーエーが担当し、ビー・ビー・サーブは開発投資や開発支援を行う。ソフトバンクBBはYahoo! BBの会員のみに対して独占的にオンラインサービスを提供する。

 今回3社が提携したのはアクションゲーム「真・三國無双」のオンラインゲーム版「真・三國無双BB(仮称)」。2004年9月より開発を始め、2006年春に販売およびサービス提供を開始する。

左からコーエーの小松清志氏、ソフトバンクBBの孫正義氏、コーエーの襟川恵子氏、ビー・ビー・サーブの孫泰蔵氏、コーエーの松原健二氏

 真・三國無双シリーズはこれまで国内で約450万本、海外で約250万本が出荷されているコーエーの人気ゲーム。対戦型のアクションゲームはネットワークの遅延によって大きな影響を受けることから、これまでオンライン化は難しかった。ソフトバンクBB代表取締役社長の孫正義氏は「アクションゲームの場合、遅延は50ミリ秒以下というのが要求スペックだが、複数のISPが混在する回線では遅延の予測は不可能。ADSL回線とISPが1つのYahoo! BBだからこそ可能なサービスだ」と胸を張る。

 コーエー代表取締役会長の襟川恵子氏は「孫氏とは20年来の付き合いで、いつも“孫ちゃん”と呼ばせていただいている」とエピソードを紹介しながら、「コーエーは1998年に『信長の野望Internet』を発売し、日本で初めてオンラインゲームで収益を出した企業だ」と話し、「今回の提携をケーススタディとして、今後は世界展開へのビジネスモデルを構築したい」と意欲を見せた。

 ビー・ビー・サーブは資金援助のほかサーバなどのインフラ提供、プロモーションなども担当する。「無線LANでも安心して楽しめるよう新しいモデムの開発も視野に入れたインフラ整備を行っていく」(ビー・ビー・サーブ代表取締役の孫泰蔵氏)。ソフトバンクグループではゲームをオンラインコンテンツの柱の1つとして重視しており、アクションゲーム以外のジャンルで、今後も同様の提携を行っていく考えだとしている。

 真・三國無双BB(仮称)はDVD-ROMで販売を行い、オフラインでもゲームが楽しめるようにするという。ただし、オンラインに接続して他のプレイヤーとの戦闘などを行うためには、Yahoo! BBを利用する必要がある。初年度で30万人のユーザー獲得を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社