お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、音楽配信サービス「MSN Music」のプレビュー版公開

2004/09/02 14:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1日、大きな期待が寄せられているオンライン音楽ダウンロードサービスのベータ版をリリースした。同社は、盛り上がりをみせるこの市場で支配的な立場にあるApple Computerを、首位の座から引きずり下ろしたいと考えている。

 Microsoftは、MSN Musicサイトをひっそりと公開した。同サービスでは1曲99セントで音楽ファイルをダウンロードできる。また、米国時間2日にリリース予定の「Windows Media Player 10」にも、このサービスを利用できる機能が付くことになっている。

 MSN Musicでは、ユーザーがハードディスクにダウンロードした購入曲を、Windows Mediaフォーマットをサポートする携帯音楽プレイヤーへ移せるようになっている。ただし、同サービスでは曲を再生するのに専用のソフトウェアをダウンロードしてくる必要はなく、この点がAppleのiTunesとは異なっている。

 Microsoftは今後数週間で、ライブラリを100万曲に拡張したり、検索機能を充実させるなど、MSN Musicの改善を進めていく計画で、10月には完全版をリリースする見込みだ、と同社は説明している。

 MSNのコーポレートバイスプレジデント、Yusuf Mehdiは、今週初めに行われた報道向けの説明会のなかで、同社によるオンライン音楽販売分野への参入は、小売ビジネスへの進出というよりも、むしろデジタル音楽の人気を利用して、たとえばプレミアムサービスの販売やWindows OSのてこ入れのような、Microsoftが抱くさらに大きな目標を達成するための手段という意味合いが強いと語った。

 「収益の可能性は音楽販売以外のところにある。これは検索やMSN、Windowsなどのビジネスを伸ばすためのものだ」(Mehdi)

 MSN Musicの売り物の1つは、Windows Media PlayerやMSNのウェブポータル、ウェブ検索エンジン、インスタントメッセージなど、Microsoftが提供する他の有力なサービスとこれが統合されているところにある。以下はそうした統合の例だ。

  • Windows Media:新バージョンのWindows Media 10では、同ソフトの上から直接から曲を購入できるようになる。このソフトウェアからは、Napsterなどのサードパーティーによる音楽販売サービスも利用できるようになる。
  • MSN:顧客がMSNサイトにアクセスして曲を購入し、そのまま自分のハードディスクに買った曲をダウンロードできる。Microsoftは同サイトに、自社のオンライン広告や、YahooのOverture Servicesが提供する有料検索リンクを表示していく。
  • 検索:Microsoftは、Googleに対抗する技術の開発を進めながら、ゆくゆくは楽曲を購入するためのリンクをウェブの検索結果に埋め込むようにする。たとえば、MSN Searchで「OutKast」を検索すると、検索結果ページの最上部に曲やアルバムを購入するためのリンクが表示されるようになる。ただし、この機能は2日に登場するベータ版には搭載されない。さらに、MSN Musicページにもライブラリ内の曲を検索する機能が用意される。
  • MSN Messenger:MSN Musicがすぐに同IMソフトと統合されることはないが、経営陣は複数の計画があることを明らかにしている。Mehdiによると、MicrosoftはMSN Messengerのユーザーが仲間と同時に曲を聴いたり、購入できたりするようにしたいと考えているという。同社はさらに、ユーザーがIMのセッション中に他のユーザーのプレイリストにある曲を聴けるようにすることも考えており、この実現に向けてレコードレーベル各社とライセンス交渉を進めている。

 現時点でMSN Musicから抜けている機能の1つは音楽の定額利用サービスだ。これがあると、一定額を支払えばいくらでも曲をレンタルできるようになる。Mehdiは、MSNがこのようなサービスを提供する計画があるかどうかを明らかにしなかったが、このようなプロジェクトには同社の不正コピー防止用ソフト「Janus」を利用して、携帯機器へのファイルの転送を可能にできると語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社