お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

電子メールの開封後を追跡できるサービスが米で登場

2004/05/24 12:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 だれが、いつ電子メールを読んだかを通知してくれる新サービスが登場するが、これには簡単に排除されてしまう可能性もあるようだ。

 Rampell SoftwareのDidTheyReadItというサービスは、送信する電子メールに密かに配達証明を添付することができ、そのメッセージが、いつ、何回、どこまで読まれたのかを通知してくれる。同サービスの正式な立ち上げは米国時間の24日に予定されているが、これを使えばメッセージが転送されたかどうか、そしてどの地域で読まれたのかまで追跡できる。

 しかし、DidTheyReadItの基盤技術は目新しいものではなく、Postel Servicesなど、ほかに少なくとも2社の企業が、既に同様のサービスを提供している。これらは、ウェブバグとも呼ばれる極めて小さい画像タグをメッセージに埋め込むことで電子メールの状態を追跡する。そして、受信者が電子メールを開くと、画像に付随するコマンドが同社のサーバに返信され、このメッセージが開けられたことが送信者に通知される。

 ウェブバグは、広告キャンペーンや電子メールプロモーションの監視目的で一般的に利用されており、スパマーは以前からこのタグを使い、受信者に知られることなく電子メールの利用状況を監視している。だが、この追跡技術が過去にプライバシーの問題を引き起こしたことがある。

 その結果、AOLやMicrosoft Outlookなどでは、HTMLベースの電子メールに関して、デフォルトでウェブバグをブロックする機能を提供している。

 著名なセキュリティ・プライバシーコンサルタントのRichard Smithは、「電子メールのウェブバグは消えつつある過去の技術だ」と述べている。

 DidTheyReadItも、同様の仕組みによって妨害される可能性がある。

 しかし、Rampell SoftwareのCEO(最高経営責任者)Alastair Rampellは、電子メールで業務を進めていながら、自分のメッセージがスパムとしてブロックされてしまったかどうか分からないユーザーには、同サービスが役立つと考えている。

 「スパムのために、電子メールを(スパムとして)間違って識別し、削除してしまうことがある。これは多くの人々が注目する機能だ」(Rampell)

 このサービスで送られるレポートには通常、Jenny Jonesといった受信者の名前、電子メールの件名、メッセージの送信日時、開封日時が記録されている。また、この受信者が電子メールを2分かけて3回読んだ、といった詳細も分かるようになる。同サービスの利用料は年間50ドルで、処理メッセージ数は1カ月750通までとなっている。

 なお、MicrosoftのOutlookクライアントでも、ユーザーが送信したメッセージについての「着信確認」通知を受け取ることはできるが、そのメッセージがいつ、何度読まれたかといった詳細まではわからない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社