お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

これで「サー・ゲイツ」?--マイクロソフト会長に英国から名誉爵位授与

2004/01/27 19:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft共同創設者のBill Gatesは、全世界のビジネスに対する貢献が認められ、エリザベス女王から名誉爵位を授与されることになった。

 英国外務省は英国時間26日、Gatesに名誉大英勲章第二位(Knight Commander of the Most Excellent Order of the British Empire)を授与すると発表した。これは、英国以外で生まれた人物に対して与えられる最高の名誉の1つだ。

 「Microsoftのテクノロジーは商慣習を変え、同社は英国経済に大きな影響を与えた」とジャック・ストロー外務大臣は、声明のなかで語った。

 Sunday Telegraph紙によれば、個人資産400億ドルと見積もられるGatesをナイトに推挙したのは、ゴードン・ブラウン大蔵大臣だという。

 Gatesの成功は、何人かの英国の有力政治家の間で彼を人気者にしたが、問題が全くなかったわけというではない。2001年には、Office XPの発売直前に、Gatesが同社の英国本部を訪問した際、ブレア首相はMicrosoftを無料で宣伝したとして非難された。

 Gatesの授与式の日程はまだ決まっていない。授与式が済めば、同氏はブッシュやレーガンといったかつての米大統領、映画監督のスティーブン・スピルバーグ、コリン・パウエル国務長官、シュワルツコフ将軍や、喜劇俳優ボブ・ホープを含む名誉ナイトの仲間入りをすることになる。

 だが、、同氏は米国市民権を放棄しない限り、「サー」と名乗ることはできない。ただし、名前の後にKBEという表記を追加することはできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社