お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アドビと日本オラクル、出版・印刷業界向けコンテンツ制作システムで協力

2003/12/18 10:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズ(石井 幹社長)と日本オラクル(新宅正明社長)は12月17日、アドビのレイアウトツール「Adobe InDesign」および画像編集を自動化するツール「Adobe Graphics Server」と、日本オラクルのデータベースおよびアプリケーションサーバー「Oracle 10g」を連携し、出版・印刷業界におけるコンテンツの制作、配信を自動化して、安全なコンテンツ管理を可能にするシステムの開発で協力していくと発表した。

 新しく提供するシステムは、台割管理・入稿・校正・割付・組版など、ネットワークを通じたコンテンツの編集、制作環境を共有(コラボレーション)することで、出版に関わる作業をユーザー間で連携し、情報共有を支援する点が特徴。また、自動組版や、解像度・サイズの自動変更など、素材やコンテンツの制作、操作を、制作ワークフローに直接組み込みこむことで、これまで別々に作業していた個々のコンテンツ制作と、制作ワークフローの全体管理を同時に行うことができ、制作に要する時間とコストの削減を実現する。

 このほかの特徴は、

  1. 画像データや記事本文、スタイル・テンプレート、DTPファイルなど、出版物の素材やコンテンツを、ページ単位、ページ内の部分単位など、細分化した単位で管理することが可能
  1. XML技術を使った読み込み、書き出しに対応し、印刷物、Web、ワイヤレス機器など、あらゆるメディアへのコンテンツ配信が容易に行える
  1. セキュリティに優れたコンテンツ管理を実現

 ――など。

 なお、同システムを開発するためのサンプルプログラムを、「クロスメディアパブリッシングフレームワーク」として04年1月頃から、システムインテグレータおよびエンドユーザー向けに提供する予定。また、日本オラクルの開発者向けコミュニティサイト「Oracle Technology Network Japan」において、無償ダウンロードも予定している。システムの開発にあたっては、デジタルコミュニケーションズとプロフィールドが技術支援を行う。

アドビ システムズ
日本オラクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社