お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米CNET、MP3.comでインディーズ作品を提供へ

2003/11/27 18:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米CNET Networksは26日(米国時間)、インディーズのミュージシャンの作品を配信する、独自の無料サービスを開始すると発表した。CNETは先週、米MP3.comを買収し、同社の保有する膨大な音楽アーカイブの閉鎖を発表したばかりだった。

 MP3.comのデータベースには、現在100万曲以上の楽曲が保存されているが、その殆どが大手レーベルとの契約を結んでいないインディーズのミュージシャンの作品だ。CNETは先に、このデータを12月2日付けで閉鎖すると述べていた。しかし、同社は今回、この(旧)MP3.comに似た新しいサービスを来年はじめに立ち上げ、アーティスト向けに無料のストレージスペースを提供すると発表した。この新しいサービスは、フリーウェアやデモのソフトウェアを集めたDownload.comの一部として運営される。

 CNETが米国時間25日の遅くに、MP3.comに作品を置いているアーティストに向けて送付した書面のなかには、「MP3.comでは、Download.comがソフトウェア開発者向けに行っているのと同様のサービスを、インディーズのミュージシャンに提供する予定である。すなわち、アーティストに対して、自分の作品のマーケットをつくるための手頃な手段を与えるのだ」と記されている。

 MP3.comにはもはや昔日の勢いはないが、それでも今月CNETがMP3.comドメインの買収を発表すると、インディーズ・ミュージシャンのコミュニティからは不満の声があがった。

 MP3.comの創設者であるMichael Robertsonは、「デジタルミュージアムの終わり("Digital Museum Burns to the Ground")」という見出しをつけたメッセージを、彼の現在の会社、米Lindows.comからユーザーに向けて送信。そのメッセージの中で、同氏は、MP3.comを所有していた仏Vivendi Universalに対し、同サイトに置かれているコンテンツを保存するよう求めていた。

 CNETは26日の発表の中で、旧MP3.comの中核を形成しているバックエンドのデータベースシステムやそのコンテンツは買収しておらず、そのため保存された音楽やウェブページを新しいサービスに移行することはできないと説明。同社はアーティストに対して、Download.comが運営予定の新しい音楽サイトに後でポストできるよう、MP3.comに上げた楽曲を全て保存しておくようにアドバイスしている。

 CNETはまた、MP3.comドメインを利用して、デジタル音楽に焦点をあてた情報サービスを開始する計画であると述べた。業界関係者の話では、オリジナルのMP3.comにある音楽アーカイブを閉鎖してしまうと、新しいサイトの潜在ユーザーの大半が離れていってしまうリスクがあるという。新たにインディーズの音楽アーカイブを立ち上げることで、CNETはこうしたユーザーの不満を鎮めることを狙っているのかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社