お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

カノープスとシスコ、企業ネットワーク利用の映像ビジネスで協業

2003/11/14 10:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズ(黒澤保樹社長)とカノープス(藤原睦朗社長)は11月13日、ネットワークを利用した映像ビジネス分野で両社のリソースと強みを生かし、企業のネットワークを利用した映像インフラ構築の提案を行うことに合意したと発表した。

 シスコは、インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手で、カノープスは、映像機器の分野において家庭用から業務用、放送局での映像編集システムまで幅広くビジネスを展開している。今回の協業によって、シスコの最新ネットワーク技術を搭載したネットワーク対応の映像機器をカノープスが開発していく。

 具体的には、

  1. ネットワーク型ビデオ配信表示システム「MEDIAEDGE」
  2. ウルトラワイド表示対応高画質会議システム「CVCS10」
  3. 映像編集システム「CWSシリーズ」

 ――の映像システム分野での共同提案を実施していく予定。

 「MEDIAEDGE」は、MPEG1/2/4映像を蓄積、送出するPCサーバーと、映像視聴用のコンパクトなセットトップボックスで構成するネットワーク型ビデオ配信、表示システム。ビデオオンデマンド、自動映像送出システムなどを低価格で実現できる。

 「CVCS10」は、臨場感溢れるTV会議の実現を可能とした2画面表示対応高画質TV会議システム。広帯域ネットワークを利用し、大画面、高画質、低遅延のTV会議を実現する。

 「CWS」シリーズは、プロフェッショナルユースの映像編集システムとして放送局を始め、編集プロダクションなどの業務分野で利用されている。

 カノープスでは、今後シスコとの協業によって、複数の編集機での共同編集作業をより効率よくできるシステムを開発するほか、ハイビジョン(HD)編集についても同様の機能を低予算で実現していく予定。

カノープス
シスコシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社