お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米グーグルが、KaZaAモドキへのリンクを削除

2003/09/03 14:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気検索サービスの米Googleは、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act:DMCA)に抵触する恐れがあるとして、ファイル共有サービスKaZaAをハッキングしたバージョンを配信する8つのサイトへのリンクを、同社のインデックスから削除した。

 Googleは8月に、KaZaAを所有する豪Sharman Networksから、この8つのサイトが、米国の著作権法に基づく同社の「排他的権利」を侵害するソフトウェアを含んでいるという通知を受け、これらのサイトへのリンクをインデックスから削除した。

 このソフトウェアは「KaZaA Lite」という名で、KaZaAからポップアップ広告を取り除いた不正なコピーだという。これらのポップアップ広告は、「スパイウェア」などと呼ばれ、数分毎に勝手に表示され、消すことができない。

 Sharman Networksは、この広告で売上を得ているため、ユーザーがPtoPネットワークへの接続にKaZaAの正式コピーだけを利用するよう徹底させる方法を探している。また、同社が不正KaZaAバージョンを遮断したい別の理由として、自社でもKaZaA Liteに似た広告のないバージョン「KaZaA Plus」を、有料で販売していることも挙げられる。Sharman Networksとソフトウェア出版会社Titus Interactive Groupの子会社Avalon Online Distributionは先週、KaZaA Plusのアップデート版を29.95ドルで発売したところだった。

 Googleは、Sharman Networksの通知への対応として、「kazaa」をキーワードに検索した結果ページの末尾に、「Digital Millennium Copyright Actに基づくクレームに答えて、検索結果の内8件が除かれています。Digital Millennium Copyright Actのクレームの参照はここをクリックしてください。」という警告文を掲載した。

 Sharmanの通知にあった8つのサイトには、Kazaalite.tk、Doa2.host.sk、K-lite.tk、Kazaa-lite.tkなどが含まれていた。他にも、サイエントロジー教会などの著作権保有者らがDMCAを持ち出して、Googleに著作権を侵害した疑いのある文書へのリンクを削除させている。

 KaZaAは、全米レコード協会(RIAA)がファイル共有ソフトウェアを相手に起こした訴訟の主要ターゲットとなっている。RIAAは先週、「Nycfashiongirl」というハンドル名のファイル交換ユーザーに関する訴訟で、ワシントンDCの連邦裁判所に書類を提出した。「Nycfashiongirl」は、オンラインで900曲以上を交換した疑いがかけられており、そのほとんどがKaZaAでダウンロードされたものだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社