お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本ベリサイン、国内ベンチャーと共同で、電子証明書によるDRMソリューションを提供

2003/08/27 14:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインと、ネットワーク・セキュリティ・ソフトの開発を手掛けるサイバーテックは8月27日、電子証明書を使ったDRM(デジタル著作権管理)分野で協業すると発表した。

 中小規模の企業・組織向けに、日本ベリサインのPKI(公開鍵基盤)サービス「VeriSign OnSite」と、サイバーテックのセキュリティ製品「TrustOffice21」を組み合わせて提供する。これにより一般的なパソコン環境で、電子メールデータやMicrosoft Word、Excel、PowerPointのドキュメントファイルに、暗号化や電子署名などが行えるようになる。

 TrustOffice21は、Microsoft Officeのアドオン製品としてサイバーテックが開発したソフトウェア。Officeドキュメントの暗号化、電子署名、自動破棄、流出防止といった機能を備える。

 VeriSign OnSiteは、認証局構築のアウトソーシングサービス。企業が自社独自の電子証明書を発行できるのが特長。登録・承認プロセスは企業が行い、証明書の発行・管理にかかわるバックエンドサービスを日本ベリサインが担当する。

サイバーテック
日本ベリサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社