お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米Google、セルフサービス形式の新サービス「AdSense」を発表

2003/06/19 15:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは18日(米国時間)、同社のアドワーズ広告を内容に応じて別サイトに掲載し、クリック数に対して広告料を支払うというAdSenseサービスを開始すると発表した。

 Googleが今年3月に発表したコンテンツターゲット広告は、提携先のコンテンツサイトにアドワーズ広告を掲載するというものだったが、今回発表されたAdSenseはセルフサービス形式で、提携先以外のサイトでもアドワーズ広告を自社サイトに掲載することができる。アドワーズ広告を掲載したい場合は、自由にオンライン上で申し込むことができ、Google側でサイトがGoogleのガイドラインに沿ったものであるかどうかを確認したうえで、同サービスの参加許可を与えることになる。参加許可がおりるとサイト上にHTMLコードを貼り付けて、サービスを利用することができる。

 Googleの共同創立者で技術部門担当社長のSergey Brin氏は、「AdSenseは、サイト上で邪魔になりがちなポップアップ広告やアニメーション広告とは違い、テキストベースの広告をサイトの内容に応じて表示できるものだ。サイト上で広告収入を得るための効率的な方法だといえる」と述べている。なお、現在このサービスの対象は英語のサイトのみとのことだ。

米Googleのリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社