お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネット広告、2002年度末に好転の兆し

2003/06/16 13:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)は、最新の2002年第4四半期(2002年10月〜12月)の米国市場におけるウェブ広告の売上が、前期比9%の伸びを示したと発表した。

 「2002年第4四半期のネット広告売上は16億ドル、年間では60億ドルに達した」と、IABと米監査法人PricewaterhouseCoopersは、6月12日(米国時間)に発表した。今年4月時点の推定では、四半期の売上高が15億ドル(前期比2%増)、年間では59億5千万ドルだった。

 この数字は、四半期ベースでみると、2000年以降では二度目の上昇で、ネット広告市場の回復の兆しを示している。ただし、前年対比では16%の減少となる。

 PricewaterhouseCoopersのニューメディア部門長であるPete Petruskyは「 収益の成長にマイナスの影響を及ぼしてきた数多くの要因が好転してきているようで、広告市場全体の穏やか回復も有利に働いている」と述べた。なかでも、「ブロードバンド市場の伸びは、伝統ある有名ブランドを持つ大企業広告主に、これまでよりも大きなサイズのクリエイティブな広告フォーマットで実験する機会をより多く提供している。」(Pete Petrusky)

 IABの発表によれば、バナー型やポップアップ型広告を含めたウェブ広告全体の中でも、とりわけ検索型キーワード広告が、伸びている。検索型キーワード広告は前年比で3倍以上の伸びを示し、2002年度のウェブ広告全体の15%を占めている。一方、バナー型広告は6%減少し、ウェブ広告全体の29%まで落ち込んでいる。第4四半期に限っていえば、検索型キーワード広告は全体の21%を占めるに至っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社