お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米リアルと米ABCが独占契約し、米ヤフーはお払い箱

2003/06/11 17:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooの有料サービスYahoo Platinumから、米ABC Newsが提供していた24時間のライブニュースが消えることになった。米RealNetworksがABC Newsと、ニュースコンテンツ配信に関して複数年の独占契約を結んだためだ。

 Yahoo PlatinumのニュースサービスがABC Newsの最新ニュースを配信し始めたのは今年の3月で、当時RealNetworks、ABC News、米AOLの3社が行っていた、ネット初の24時間ニュース配信サービスに加わった。ちょうど、イラク戦争関連のニュース配信を求める声が高まっていた時期だった。

 しかし、RealNetworksが米国時間6月10日に発表したABC Newsとの新たな契約により、Yahooがこれら3社の提携からはじき出される結果となった。RealNetworksは「ABC Newsと複数年契約の交渉を行った結果、当社のオンライン有料サービスRealOneが、ABC NEWS Liveを独占的に提供することになった」と説明した。ただし、「AOL Broadbandは、AOL加入者のみが利用できるサービスのため、この契約には該当しない」という。

 Yahooには独自にABC Newsと結んだ複数年契約があるため、Yahoo Platinumでは、今後もABC News Live以外のオンデマンドニュースを引き続き放送していく予定。World News Nowなどの最新映像がこれに含まれる。

 Yahooのスポークスウーマンを勤めるSarah Rossは「今後も、Yahoo PlatinumのABC Newsコンテンツを拡充する」と語る。「現在では、3月のサービス開始時点よりも、幅広いコンテンツを配信している」(Ross)

 ABC Newsは「Yahooとの関係は、今後も続くことになる」とした上で、「ライブニュースサービスの提供を、新たなウェブ対応機器、そして海外市場に拡大することを考えた上で、RealNetworksと独占契約を結んだ」(同社)と語っている。

 RealNetworksは、RealOneを世界規模に引き上げるための積極的な戦略を立てており、この点がインターネットでのニュース放送に力を入れたいABC Newsには、魅力的に写ったようだ。ちなみに今回の契約に関して、具体的な金額などは明らかにしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社