お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立ソフトとドリーム・アーツ、情報共有プラットフォーム構築事業で提携

2003/05/14 10:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリング(兼清裕幸社長)とドリーム・アーツ(山本孝昭社長)は5月13日、ドリーム・アーツが提供する純国産EIP製品「INSUITE Enterprise」を軸とした情報共有プラットフォーム構築事業で提携したことを発表した。同事業において、初年度に20社への導入、5億円の売り上げを見込んでいる。

 「INSUITE Enterprise」は、世界初のノンプログラミング型EIP(企業情報ポータル)製品で、分散している既存システムの情報を業務内容や役職別などで集約し、個人ごとにパーソナライズした表示を行ったり、現場から“今”の知識や情報の吸い上げを行うといった、“双方向型情報コックピット”を容易に実現可能にする。社内外の情報をコックピットに取り込む際のプログラミング作業が不要なため、従来型のEIP製品と比較し、大幅に導入およびメンテナンスコストを削減できるのが特徴。

 今回、バックオフィスシステムの構築実績とノウハウをもつ日立ソフトと、フロントオフィスシステム構築を手掛けるドリーム・アーツが提携することで、エンタープライズ市場の顧客に対し、これまでにない、より投資効果の高いEIPソリューションの提供が可能となる。

 主な提携内容として、

  1. 全社横断的な情報共有プラットフォームの構築を検討している見込み客に対し、共同でプリセールス活動を実施
  1. 分散しているバックオフィスシステムを結合し、画一的なインターフェイスから必要な情報にアクセスできる環境を実現することで、組織・個人の競争力を飛躍的に向上できる統合ソリューションを提案
  1. 数千人以上の規模の企業、とくに製造業や量販店などの流通業向けのソリューション提案を共同で提供
  1. 再編および統合を進めている企業や地方自治体に対し、「INSUITE Enterprise」を軸とした情報統合ソリューションを共同開発
  1. 「INSUITE Enterprise」のモバイル端末対応機能やモバイルセキュリティ機能を生かし、店頭販売員などに向けたモバイルソリューションを共同開発

 ──などを実施していく予定。

日立ソフトウェアエンジニアリング
ドリーム・アーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社