お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

W3CのXML groupが、データベース関連ドラフトを更新

2003/05/08 08:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブ関連技術の標準化団体であるW3C(World Wide Web Consortium)は、XML関連のドラフト10個項目のアップデートを発表。この新しい仕様により、ウェブはよりデータベースに似た役割を果たすことになる。

 今回W3Cが発表した仕様は、XMLドキュメントから情報を探し出すための方法を規定するもの。10項目のドラフトのうち、2つが最終仕様に到達しており、1つは新規に提案された。この発表は、5月5日から英国のロンドンで開催されているXML Europe 2003 Conference & Expositionで行われた。

 XMLは、Webサービス環境において、異なるコンピュータ同士の通信を行うために使用される。W3Cは、データ構造記述言語としてのXMLを推すと同時に、XMLをデータベースとして利用するための技術の標準化を、W3C内のXML Query working groupで行っている。

 W3C広報のJanet Dalyは「伝統的なデータベース記述言語であるSQLとXMLをどう連携させるのか? XML Query working groupでは、この疑問への技術的な解答をもたらし、XML文書がちょうど1つの巨大なデータベースのパーツのように扱われるような文書の枠組みをまとめようとしてきた」と述べた。

 XML Query working groupには、データベース大手のMicrosoft、Oracle、IBM、DataDirectが参加している。

 今回発表されたドラフトは、XQuery、XPath、XSLTといった既存のXML標準に関連したものである。XQueryはXMLドキュメントからデータを抽出する手段を、XPathは別々のXMLドキュメント間でパスを張る方法を、XSLTはXMLドキュメントをHTMLのような別の形式で出力するための方法をそれぞれ提供する。

 発表された10項目は以下の通り。

  • XQuery 1.0 and XPath 2.0 Data Model(Last Call)
  • XQuery 1.0 and XPath 2.0 Functions and Operators(Last Call)
  • XQuery 1.0 and XPath 2.0 Formal Semantics
  • XML Path Language (XPath) 2.0
  • XSL Transformations (XSLT) Version 2.0
  • XQuery 1.0: An XML Query Language
  • XML Query Use Cases
  • XML Query (XQuery) Requirements
  • XSLT 2.0 and XQuery 1.0 Serialization
  • XQuery and XPath Full-Text Requirements

 各ドラフトの詳細は、W3Cのサイトで参照可能となっている。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社