お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

RIAA、大学内ファイル検索サービス運営の学生と和解

2003/05/02 10:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全米レコード工業会(RIAA)が4月に、大学ネットワーク内でNapsterに似たMP3音楽ファイル検索・共有サービスを行なっていた学生4人を訴え、1億ドルもの損害賠償を求めていた訴訟で、各学生がRIAAに1万2000ドル〜1万7000ドルを支払うことで和解に達した。この訴訟は、RIAAがP2P海賊行為に関して、企業ではなく学生を直接訴えた初の裁判として注目されていた。

 被告側の学生らは、和解に達したものの自分の行為の非を認めていない。被告の1人でプリンストン大学2年生のDaniel Pengは、「悪いことは全くしていないと思っている。平和的に和解に達したことは嬉しいが、アーティストのためにも、もっと大きな問題が解決するよう願っている」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社