お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

大手インターネット会社3社がスパム対策で協力

2003/04/30 19:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子メールサービスを提供するAmerica Online、Yahoo、Microsoftの大手3社は28日、スパムなどの迷惑メールを容易に送信できなくすることを目的とした、電子メールの技術的変更についてのおおまかな概要を共同で発表した。

 不特定多数のアドレスにメールを発信するスパムは、PCユーザーやインターネット接続サービス業者(ISP)に大損害を与えるため、今やインターネット接続において最も深刻な問題の一つとなっている。そのため大半のISPや電子メールサービスはスパムを阻止するための技術を提供しているが、すぐにメール発信者に抜け道を発見されてしまうため、いたちごっこの状態が続いている。また個々の予防策では容易に破られてしまうため、3社は一致団結してスパムに立ち向かうのが最善の道と判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社