お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米アマゾンのQ1決算、前年同期比28%増収

2003/04/25 17:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Amazon.comは2003年第1四半期の決算を米国時間4月24日に発表した。売上高は10億8400万ドルで、前年同期の8億4700万ドルから28%成長した。純損失は1000万ドル(1株当たり損失は3セント)となり、前年同期の純損失2300万ドル(同6セント)から赤字幅を約半分に縮小した。

 一時的な費用を除いた場合の純利益は4000万ドル(1株当たり利益10セント)。前年同期は同条件における純損失500万ドル(1株当たり損失は1セント)を計上していた。

 「コスト削減によって、価格の引き下げを行うという当社の戦略が奏功している。顧客は第1四半期に、配送料無料サービス『Free Super Saver Shipping』を利用して、さまざまな割引商品を積極的に購入した。その結果、ホリデーシーズンを含まない四半期としては初めて、10億ドル以上の売上高を達成した」(Amazon.comのCFO、Tom Szkutak)

 Amazon.comの米国サイトでは、購入金額が25ドルを超える取引を対象に、無料配送を行っているほか、15ドルを超える書籍については30%の割引きを実施している。また、エレクトロニクス、ソフトウェア、人気CDやDVDの価格を大幅に引き下げた。英国、ドイツ、フランス、日本のサイトでも、一定の購入金額を越えると配送料を無料にしている。

 第1四半期の売上高を地域別にみた場合、北米が前年同期比13%増の7億500万ドル。英国、ドイツ、フランス、日本といった海外事業は同68%増の3億7900万ドルとなった。

 Amazon.comは、第2四半期の売上高が前年同期と比べ24〜30%成長し、10億〜10億5000万ドルの範囲になると見込んでいる。また2003年通期の売上高は47億ドルに達し、前年比19%以上成長するとの予測である。

Amazon.comのリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社