お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SARSによる大学閉鎖後も米マクロメディアの技術でオンライン授業

2003/04/25 14:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「重症急性呼吸器症候群(SARS)の大流行で閉鎖となった香港Baptist大学では、Macromedia Flash Communication Server MX 1.5を利用してオンライン授業を行なっている」と、米Macromediaが米国時間4月18日に発表した。

 Macromediaによると、Baptist大学では講師の講義予定と学習素材をあらかじめサーバーにアップロードしておき、それをリアルタイムのウェブキャストを通じて送信。複数の学生がパソコン上のMacromedia Flash Playerを利用して、これらのオーディオビデオやリアルタイムデータの同時配信を受けている。このオンライン授業は6500人の学生のほか一般にも公開しているという。

 同大学ではこれまでも、Macromedia Flash Communication Server MXとMacromedia ColdFusion MXを用いて、仮想統合教育学習環境(VITLE: Virtual Integrated Teaching and Learning Environment)を学内でテスト運用していたが、今回のMacromedia Flash Communication Server MX 1.5のリリースにより、プレゼンテーションやライブのオーディオビデオを地域全体の学生に配信できるようになったという。

 なお、この仮想統合教育学習環境については、Macromediaのほかにも米MicrosoftをはじめとするIT企業各社がソフトウェアやインフラ、サポートを提供しているという。

Macromediaのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社