お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニー、子会社のエスエムイージェーを吸収合併

2003/04/24 11:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月23日、100%出資子会社のエスエムイージェーを吸収合併することを発表した。22日に同社取締役会で決議した後、23日に合併契約書を締結したもの。今後は「簡易合併」の手続きに基づき合併を行なう。

 エスエムイージェーは、ソニー・ミュージックエンターテインメントが2003年4月、音楽系事業と独立系事業をそれぞれ統括する2子会社に会社を分割したもの。2002年3月期の売上高は756億100万円、経常利益は43億2700万円だった。

 今回の吸収合併は、同社が保有する音楽系事業統括会社、独立系事業統括会社およびソニーグループの他の事業会社の株式を、それぞれソニーのもとに集約するのが目的だという。「今後は、ソニーグループ全体の中でこれら事業の連携・強化を図る」(ソニー)

 ソニーを存続会社とする吸収合併方式のため、エスエムイージェーは解散する。100%出資子会社との合併のため、新株式の発行および合併交付金の支払は行わない。今回の吸収合併が業績に与える影響は「軽微」(ソニー)という。

ソニーのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社