お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフトバンクBB、イー・アクセスの小畑氏への提訴取り下げ

2003/04/23 10:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクBB(SBB、孫正義社長)は、競合するADSLサービス会社のイー・アクセス(千本倖生・代表取締役CEO)の小畑至弘・取締役CTOに対し起こしていた損害賠償請求訴訟の取り下げを4月21日付で東京地裁に申請したことを明らかにした。

 これに対し、イー・アクセス側は22日、東京都内で記者会見を開き、訴えの取り下げの同意書を同地裁に提出したと発表。イー・アクセス側は「当方の主張をソフトバンクBBが認めたに等しく、実質的な完全勝訴だ」とコメントした。

 同訴訟は、ADSLの新サービスを巡り、小畑氏が「(ソフトバンクBBが採用するADSL規格の)Annex Aは、収容距離が2km以上になると著しく転送速度が落ちる」と発言したことに対し、ソフトバンクBB側が昨年8月、「当社の技術に欠陥があるかのような虚偽の情報を流した」として、3億円の損害賠償請求を起こしていた。

 イー・アクセスによると、4月初旬に急きょソフトバンクBBの代理人から和解の申し入れがあったが、いったん小畑氏はこの和解案を拒否。しかし、21日になり、ソフトバンクBB代理人事務所と裁判所から、訴え取り下げの連絡が入ったという。

 ソフトバンクBBは取り下げ理由について、「当社の12メガビットサービスへの事実上の誤解がなくなったと判断した」としている。同訴訟は小畑氏の同意書提出により終結した。

イー・アクセス
ソフトバンクBB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社